佐伯啓輔(さえき・けいすけ)プロフィール

司法書士・佐伯啓輔事務所代表

司法書士・佐伯啓輔
司法書士・佐伯啓輔

1981(昭和56)年、横浜市港南区生まれ、神奈川県立柏陽高等学校、上智大学法学部法律学科卒業。

 

2005(平成17)年、司法書士試験合格。司法書士伊藤豪事務所勤務を経て、2012(平成24)年に司法書士佐伯啓輔事務所を開設。

 

2014(平成26)年から神奈川県司法書士会 常任理事・事務局長

 

野庭小学校時代の佐伯
野庭小学校時代の佐伯

 私が育ったのは横浜市港南区の「野庭(のば)団地」でした。子どもの多かった1980~90年代の団地は“すべてが遊び場”で、今でも大きな団地の姿を見ると、楽しかった幼少時を思い出します。

 

野庭小学校へ入学と同時に始めたサッカーは、「走るのがつらい」と安易な気持ちからゴールキーパー(GK)を志願。そのまま中学・高校と“GK一筋”のサッカー生活になるとは思いませんでした。(今もサッカーやフットサルでは、GK以外のポジションは苦手です……)

 

県立柏陽高校時代の佐伯(左)
県立柏陽高校時代の佐伯(左)

 野庭中学校を卒業後は、神奈川県立「柏陽高校」(横浜市栄区)に入学、ここでもサッカー部で、少し辛くも楽しいサッカー漬けの青春時代を過ごします。

 

社会人になってからも当時のメンバーとフットサルを楽しむことがあり、生涯の仲間を得られたことは大きな収穫でした。

 

東京都内中心部にある上智大学法学部へ入学が叶ったものの、遠距離通学の苦労もあって、決して「勉強熱心な学生」ということにはなれず、4年生になっても単位の取得に苦心した思い出が残っています。

 

ただ、民法のゼミに入れたことで、司法の世界を志す人たちと一緒に学べたことは、将来の進路選択に良い影響を受けました。

 

ゼミで法律を学ぶうち、白黒を付けなければならない立場である裁判官や弁護士よりも、“双方の着地点”を目指す傾向が強い「司法書士」の世界に目が向き、現在につながっています。

 

日産スタジアムに近い新横浜に事務所を構えました
日産スタジアムに近い新横浜に事務所を構えました

 司法書士となって修業を積んだのは、現在も事務所を構える新横浜の地

 

“サッカーファンの聖地”として知られる日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の間近で働けることになったのは、何かのご縁かもしれません。(事務所から日産スタジアムまでは歩いて7~8分です)

 

修業を積ませていただいた司法書士法人伊藤豪事務所では、「依頼する方々にはニーズがある。そのために“何ができるのか”を常に考えよ」と叩き込まれました。

 

今もこの教えを大切に、困っておられることに対して、どのようなお手伝いができるのか、どのような解決策があるのかを日々考えながら、業務に励んでおります。